日本事務局オリジナル企画

“ランニング教室”を応援します!

オリンピック3大会代表の宇佐美先生指導による「JSIE・マラソン快走教室」

主催:JSIE(NPO法人・日本市民スポーツ海外交流協会)
後援:メルボルンマラソン日本事務局

隔週水曜日の夜、皇居周回コースで開催

マラソンレースに向けての準備には何とも言えないドキドキ感がある。
それは未知の世界(初完走、自己記録更新、上位入賞など)へ向かっての期待感のあらわれである。そしてそれがゴールでの感動につながった時、何にも替えがたい人生のエネルギーとなる。

>> JSIE(NPO法人・日本市民スポーツ海外交流協会)

詳細

>> 宇佐美先生の「JSIE・マラソン快走教室」

宇佐美彰朗<講師紹介> 宇佐美 彰朗(うさみ あきお)

東海大学名誉教授。メキシコ、ミュンヘン、モントリオールオリンピックのマラソン代表。ランニング指導のみならず、スポーツを通じてのボランティア活動の普及等広範囲にわたり活躍している。

“国際交流”のお手伝いをします!

「参加ランナーの交流イベント」実施

現地在住の日本人ランナーやスポーツ先進国オーストラリアのランナーとの交流を通して、ランニングの世界を大いに広げましょう!

①直前クリニック:10月13日(土)午前7時~8時(無料)
スタート&ゴール地点となるメルボルンパークで、スタート地点の確認、最終調整などをして翌日に備えます。

②BBQブレックファスト:10月13日(土)午前8時30分~9時30分(有料:15ドル)
ヤラ川沿いの公共BBQスタンドでオージー流BBQを楽しみます。

③チームテント:10月14日(日)午前10時~午後2時30分(無料)
レース終了後、日本人参加者が集まれる“Team Japan”のチームテントをチームビレッジ内に設置します。
ここでは豚汁等の軽食(無料)を用意して皆さんのゴールをお待ちしております。
周りには現地チームのテントがありますので、積極的に現地ランナーとの交流をしませんか。

④完走パーティ:10月14日(日)午後6時~8時(有料:35ドル程度)
完走の感動をオージー達が集う有名パブで参加者で分かち合いましょう。

“障がい者”の参加をサポートします!

車椅子、視覚障がい者、知的障がい者および伴走者のエントリー料金半額の特典

CPEC(脳性まひ教育センター)の視察、伴走ウォーキング

世界的に有名な脳性麻痺児童の教育施設であるCPEC(Cerebral Palsy Education Centre)の視察と伴走ウォーキング体験をしてみませんか?
(*)メルボルンマラソンはCPECへの支援募金活動を実施し、CPECの皆さんはウオーキングイベントに参加します。
(*)日本事務局ではCPECに寄付を行っています。皆さんのご協力をお願いします。